0120-935-918
お任せください。ガラス修理のプロが徹底調査・駆除いたします!

窓ガラスの割れは
すぐに出張して
修理・交換
いたします!

こんな時
どうすればいいの?

  • 子供が窓ガラスを割ってしまった
  • 網入りガラスにヒビが入っている
  • 割れた窓ガラスを今すぐ
    元通りにしたい
お見積りさせて下さい。ガラス修理サービス無料診断を申し込む
ガラス修理コールセンター0120-935-918年中無休365日|受付時間|8:00〜24:00
ガラス修理サービスの料金について

ガラス修理センターは
窓ガラスのプロフェッショナルです

作業にお伺いするスタッフは、十分な知識と技術をもったベテランのスタッフです。
ガラスのプロのスタッフがみなさまのお宅のガラス修理・交換を行います。

無料診断からの流れ

まずはWEB、またはお電話にてお申込みください。
訪問の日程・時間をご連絡いたします。

01
最短30分で到着

最短30分で到着

スタッフが最短30分でお伺いいたします!到着後、割れたガラスのサイズや種類などを確認させていただきます。

02
正確なお見積り

正確なお見積り

ガラスのサイズや種類、施工の方法などから正確な料金でのお見積りをお出しいたします。

03
ガラス修理作業

ガラス修理作業

迅速にガラス修理の作業を行います。ガラス修理にかかる作業の時間は平均で約30分程度となります。

04
作業完了

完了後のご確認

作業の完了後にお客様にご確認いただき、修理したガラスに問題がなければ終了となります。

ご依頼の流れ

お近くのガラス修理センターが選ばれる理由お近くのガラス修理センターが選ばれる理由

point1
24時迄受付年中無休

365日年中無休で受付可。
夜間や早朝でも
対応いたします!

point2
お見積り夜間割増0円

日曜祝日、夜間でも
割増料金はいただきません。

※一部有料になる場合もございます。
(お見積りの際に分解の作業などが必要になる場合等)
point3
火災保険で修理可能です!

※泥棒や空き巣の被害、
網入りガラスの熱割れなど

point4
安心6ヶ月保証

もし当社の施工で
不備がありましたら、
迅速に対応いたします。

point5
ガラス修理交換でTポイントをGET
point6
各種クレジットカードカード決済OK!

住宅やマンション、店舗テナントなど
どんなガラスでも対応いたします!

泥棒の被害

泥棒の被害

※火災保険が適用になります。必要な書類はこちらでご用意いたします。

マンションエントランス

マンションエントランス

マンション入口の透明ワイヤーガラスもすぐに対応いたします。

天窓(トップライト)

天窓(トップライト)

一戸建ての天窓の網入りガラスやペアガラスに対応します。

室内ドアのガラス

室内ドアのガラス

リビングの入り口のドアのガラスも当日修理が可能です。

ルーバー窓

ルーバー窓

トイレやお風呂などに多い窓です。1枚から修理いたします。

店舗FIX窓

店舗FIX窓

テナントや店舗の大板ガラスも透明・ワイヤー・ペアガラスすべて対応できます。

ガラス修理センターご利用いただいたお客様に大好評!お客様に喜ばれる自慢の4つのサービスガラス修理センターご利用いただいたお客様に大好評!お客様に喜ばれる自慢の4つのサービス

01見積もり0円

見積り0円

「ガラス修理にいくらかかるの?」などガラス修理にかかる料金のお問い合わせを多くいただきます。ご安心ください!お見積もりは無料です。ペアガラスやワイヤーガラスなどの機能性の高いガラス、大板ガラスなど採寸が難しいようなガラスなどお任せください。
※離島や山岳部など出張するエリアによりお見積もりに伺えない場合があります。

02カード決済が可能

クレジットカード決済が可能

作業完了後、代金のお支払いをいただいております。携帯端末にて作業現場でのクレジットカード決済が可能です
※分割払い・ボーナス払いも承っております(お客様の契約内容による)※ご利用できるクレジットカードの種類が地域により異なります。

03 Tポイント貯まります

 Tポイント貯まります

ガラス修理や交換でお手持ちのTポイントが貯まります。受付時にTポイント利用希望とお伝えください。ご利用100円につき1ポイント還元いたします。
※エリアにより端末がない場合は最短翌日のポイント付与となります。

04キレイな仕上がり!

キレイな仕上がり!

すぐに駆けつけ、スピード修理はもちろん、お客様に満足していただける仕上がりを心がけ作業しております。割れたガラスをただ直すだけでなく「ありがとう」と言っていただけるよう真剣に取り組んでおります。ガラス修理センター自慢の仕上がりをぜひご体験ください。
※割れたガラスの撤去などご相談ください。

清潔な作業スタッフが
お伺いします!

その1

清潔な作業着でお伺いいたします!

スタッフは清潔な作業着を着用してご訪問いたします。

その2

靴と靴下は洗い立て!

靴は新品のもの、靴下は清潔な洗いたてのものを着用しております。

その3

身だしなみを徹底しております!

頭の先から爪先までさわやかで清潔なスタッフがご訪問いたします。

サービススタッフ01サービススタッフ02
0120-935-9180120-935-918
ガラス修理サービス無料診断を申し込むガラス修理サービス無料診断を申し込む

修理費用0円!ガラス修理に
火災保険が使える?適用の条件をご紹介

ガラスが割れたら火災保険が使えるかも?
意外と知られていない火災保険が適用されるケースをご説明いたします。

殺虫剤スプレー

外部からの飛来物の衝突

外から飛んできた「風災による飛来物」による破損、または鳥やボール、石などが窓ガラスに激突して割れた場合などは、「外部的な物体の飛来」として火災保険の補償を受けることができます。

水をかける

台風などの風災による被害

台風による強風で物が飛んできて窓ガラスが割れた、台風の風圧ででドアが勢いよく閉まりガラスが破損したなど、風災が原因の場合は火災保険の補償を受けることができます。

手で振りはらう

予測不能な突発的な事故

お子様が遊んでいる時に誤ってガラスを割ってしまった、あるいは寒暖の差による熱割れで網入りが勝手に割れてしまったなど、突発的な事故による破損の場合は火災保険の補償を受けることができます。

走り回る

盗難補償

泥棒に入られて窓ガラスを割た、空き巣被害にあってドアのガラスを割られてしまったなどのケースでは、あくまで現状復旧を目的とした場合は盗難補償として火災保険が適用されます。

※ご自身で契約されている保険の内容に上記の補償が含まれていない場合は適用されませんので、契約の内容が分からない場合は各保険会社や代理店等にご確認下さい。

ご注意ください!
悪質な業者によるトラブルが増加しています。

ご注意ください!
悪質な業者による
トラブルが
増加しています。

全国各地の消費者生活センターでは悪質なガラス修理業者によるお客様とのトラブルの問い合わせが急増しております。コミコミ価格のガラス修理で2,980円からなど、受付時にはお安い料金でご案内でしておいて実際に作業して後に高額な料金を請求してくる業者も!注意が必要な業者の特徴をご紹介いたします。

格安の見積もりにご注意

格安の見積もりにご注意

相場と比べてあまりにも安すぎる見積もりにはご注意ください。「格安」や「激安」はお客様にとっては魅力的ですが、受付対応時のトークにはお気を付けてください。ガラス修理で2,980円~などと提示して、実際に請求される料金は相場よりも高額になるケースもございます。電話で問い合わせの際に、「総額はいくら?」と料金の上限を確認しておくことをお勧めいたします。

電話でのしつこい営業

電話でのしつこい営業

一度電話で問い合わせをすると、その後に「キャンペーン期間なので」「今なら特別にモニター価格で出来ます」などの営業トークで何度も電話がかかてくるよな場合もあります。営業トークを依頼すると、一般的な相場と比較しての高額な請求をされるケースが多いです。あまりにもしつこい場合は着信拒否などの防衛手段を取りましょう。

点検商法

リフォーム商法

「無料でお家の点検をします」と訪問してきて、ガラス修理と関係のない家屋の壁や屋根、床下などを点検し、高額なリフォーム等の契約を強引に勧めてくる悪質なケースにもご注意が必要です。特に高齢者が狙われやすいため事前の周知を徹底しておくことをお勧めいたします。

セット販売

他のサービスとのセット販売

ガラスを修理を依賴した後に、ハウスクリーニングや太陽光パネルの設置等を「今ならセットで契約すると安くなりますよ」などと謳い、関係のないサービスの契約を勧めてくる業者も注意が必要です。「なんとなくお得そう」と思ってしまいがちですが、高額な費用がかかるため即決せずに、一度落ち着いてからよく熟考ください。

どこに依頼したら良いですか?

保険の申請
ご相談なども
ガラス修理センターに
お任せ下さい!

お見積り無料

ガラス修理や交換は火災保険の適用で無料になる可能性があります。 火災保険を使うと修理費用の負担がなくなるため、とても魅力的ですが、保険適用になるための条件や申請の仕方など 注意点があります。火災保険を使いガラス修理をお考えの場合はお気軽にご相談ください。
【適用例】
・台風の風で勝手口が勢いよく閉まりドアのガラスが割れた
・鳥がぶつかって掃き出し窓が割れた
・空き巣の被害、泥棒が窓ガラスを割って侵入した

お客様からのよくあるご質問 お客様からのよくあるご質問

お客様の声
ガラス修理センターに寄せられたお客様からのご感想です

「割れた掃出し窓をすぐに修理できました!」

M市YU様

「割れた掃出し窓をすぐに修理できました!」

M区A様(マンション)

ベランダ側の窓ガラスがひび割れをして困っていました。最初のうちはちょっとのひび割れでしたが、だんだん大きく割れていきました。不動産屋さんからの紹介で、こちらにご依頼させていただきました。とても親切な作業員で好感がもてました。

「急な出費でしたが、クレジットカードで支払いができて助かりました。」

N市S様

「急な出費でしたが、クレジットカードで支払いができて助かりました。」

N市S様(一戸建て)

突風でドアがあおられて、ガラスが割れてしまいました。早速、出張修理をお願いしました。ガラスの修理が30分位で終わり、お支払いをしようとお財布を確認すると現金が足りません。急な出費でしたが、クレジットカードで支払いができて助かりました。

「連休中なのに、すぐに対応していただきました!」

O市T様

「連休中なのに、すぐに対応していただきました!」

O市T様(一戸建て)

子供がおもちゃをぶつけて掃出し窓を割ってしまいました。作業依賴のため、いろいろな業者さんに電話してみましたがゴールデンウィークでどこのガラス屋さんも営業していません。こちらの会社は年中無休との事ですぐに対応していただきました。年中無休って素晴らしいです。

対応エリア

※一部対応不可エリアあり。
お伺いできない地域もございますので、一度ご連絡ください。

対応エリア一覧を見る

北海道

山形県 宮城県 福島県

東京都 神奈川県 千葉県 
埼玉県 茨城県 
栃木県 群馬県

新潟県 石川県 富山県 
福井県 長野県 
山梨県

愛知県 岐阜県 静岡県 
三重県

滋賀県 大阪府 京都府 
兵庫県 奈良県 
和歌山県

岡山県 山口県

徳島県 香川県 愛媛県 
高知県

福岡県 佐賀県 熊本県 
宮崎県 鹿児島県

0120-935-9180120-935-918
ガラス修理サービス無料診断を申し込むガラス修理サービス無料診断を申し込む

ガラスのお役立ちコラムガラス修理のプロが、
明日から役立つ情報を
お届けします!
お役立ちコラム

コラム01窓ガラスが割れた時の
応急処置

窓ガラスはちょっとした不注意で割れてしまうことがあります。そんな時、慌てることなく割れた窓ガラスの応急処置の方法をご説明させていただきます。

窓ガラスが割れた時の応急処置

自分と家族の身を守ることが第一

ガラスが割れてまず初めに行うことは身を守ることです。自分自身、割れたガラスでケガをしないようにスリッパなどを履くほか、子供やペットが割れたガラスに近づくことがないように注意します。 別の部屋に入ってもらうなど、できるだけ割れたガラスから遠ざけます。実際、どの範囲までガラスが飛び散っているかわからないためです。

安全確保ができたら掃除を開始!

自分自身や家族の安全確保を行ったら、次に割れたガラスの破片を集め掃除を行います。その際、必ず軍手やゴム手袋などをはめ、手を保護してください。2重にするとより安全です。大きなガラスの破片は手で拾い、細かな破片は掃除機やほうきを使って集めます。そのほか、粘着テープを使用することでより細かな破片も安全に処分することが可能です。割れたガラスの状態によっては掃除機を使用すると掃除機が壊れてしまう可能性があるため、注意が必要です。安全に掃除機を使用したい場合は、掃除機の吸い込み口にストッキングを取り付けると掃除機の中まで吸い込むことがなく安心です。ストッキングを掃除機の吸い込み口に輪ゴムなどで止め、その状態で掃除機をかけます。その後、スイッチを入れたまま新聞紙などの上でスイッチを切るとその場にガラスの破片が落ち簡単に細かなガラスの破片を処分することが可能です。 そして、最後により細かな破片を掃除するため、新聞紙や雑巾で床を拭きとります。携帯のライトなどを使うとガラスが反射し破片を見つけやすくおすすめです。

割れたガラスの処分にも注意が必要!

集めた破片はゴミ袋ではなく、ダンボールなどに入れておきます。ゴミ袋の場合、破れてしまい危険です。また、大きな破片は新聞紙などで包むことで二次被害を未然に防ぐことができます。ゴミとして処分する際もわかりやすいように「割れ物注意」「ガラス」などとはっきりと書いておくことも大切です。

割れたガラスの修理を行う

割れたガラスの破片を処分することができた後は、割れたガラスの修理が必要になります。ガラスのひび割れや少し欠けただけの場合は、応急処置用のシールで手軽に修理を行うことが大切です。ただし、あくまでも、これは応急処置となります。このままの状態で過ごすことはできず必ずガラス修理が必要になります。 また、割れたガラスを放置していると外部からの風で小さなガラスの破片が家の中に入ってしまう可能性があります。そのため、ガラス修理までの間、ダンボールやガムテープで応急処置を行っておくと安心です。

最後、ガラス修理の依頼を!

割れたガラスの掃除などが終わったら、ガラス修理の依頼を行います。場所によっては、そのまま放置することができないガラスも多いと思います。ガラス修理業者の中には、すぐに駆け付けガラス修理をしてくれるところがあります。そう言った業者選びを行うことで、その日のうちに新しいガラスに交換することができ安心です。 スピーディーに対応してくれる業者がおすすめで、そのうえで、誠実で安心して依頼することができる業者、可能であれば見積もりを比較し、ガラス修理の依頼を行うことをおすすめします。明確な見積もりはもちろん、ガラスの破片の掃除や処分まで可能かなど確認しておくと安心です。

以上が、窓ガラスが割れた時の応急処置の流れとなります。第一に自分自身や家族の身を守ることからはじめ、割れたガラスの掃除やガラス修理の依頼を手際よく行うことをおすすめします。

コラム02アパートやマンションなど
賃貸物件の
窓ガラスが割れた

アパートやマンションなど賃貸物件の窓ガラスが割れた

アパートやマンションなど賃貸物件の窓ガラスが割れた場合、持ち家とは異なり自分の所有物ではないため、どうすればいいのか困ってしまうことと思います。すぐに修理したい気持ちはわかりますが、このような賃貸物件の場合は自己判断で先に修理の依頼を行うと、その後、トラブルが発生してしまう可能性があります。では、賃貸物件のガラスが割れた場合、どのようにすればいいのか、正しい手順をお教えしたいと思います。

ガラスが割れた原因によって修理費の負担が異なる

賃貸物件の場合、なぜ、どのようなことが原因でガラスが割れてしまったのかによって修理費の負担が異なります。 一般的に貸主が修理費を負担する場合は、基本的にガラスに衝撃など与えていないのに自然にガラスが割れてしまった場合です。

【熱割れ】
ガラスは室内温度と外の温度に急激な温度差が生まれるとガラスに負荷がかかり割れてしまいます。これは、温められた表面は膨張するのに対し、冷たい面は温度変化が起こらないためだと言われています。これは、防ぎようもないガラストラブルです。そのため、熱割れの場合、入居者に非はありません。

【サビ割れ】
ガラスの種類の中には、ガラスの中に鉄線が入っているものがあります。このガラスの場合、割れたときにガラスが散らばらないなどといったメリットがあるものの、どうしても、鉄線は雨などで錆びてしまうほか経年劣化してしまいます。その結果、膨張して突然、ガラスが割れてしまうことがあります。本当に突然、ヒビが入ったり割れたりするため、驚かれる人も少なくありません。 このような場合、入居者は身に覚えのないところで突然、ガラスが割れる、割れている、ということになります。このように、身に覚えのない状況でガラスが割れてしまった場合は、貸主の負担でガラス修理を行うことが可能になる場合が多くなります。 一方、入居者負担でのガラス修理が必要になる場合は、基本的に入居者の不注意でガラスに衝撃を与えガラスが割れてしまった場合となります。

【過失による破損】
大掃除や模様替えで家具や脚立などをガラスにぶつけてしまった場合や子供がボールやおもちゃをガラスにぶつけてしまった場合は、入居者の過失による破損となります。このような場合は、入居者に非があるということになり、割れたガラスの修理は入居者持ちとなります。

【ガラスの手入れが間違っていた場合の破損】
ガラスは非常にデリケートです。そのため、間違った手入れを行うことで破損してしまうこともあります。例えば、砂が付いた雑巾。そのような雑巾で拭いてしまうとガラスの表面にキズが付きます。その結果、ガラスが破損してしまうこともあり、そのような場合は、割れたガラスの修理は入居者持ちとなります。

修理を依頼する前に管理会社やオーナーに連絡を!

ガラスが割れていることに気付いたら、自分に原因があるのか自然現象によるものなのか確認し、すぐに管理会社やオーナーに連絡します。間違っても、勝手にガラス修理の依頼を行ってはいけません。管理会社やオーナーからの指示のもと、ガラス修理を依頼してください。 なかには、管理会社やオーナーがガラス修理業者を指定してくる場合もあります。 もし、過失によるものではないのにガラス修理の費用負担を強制された場合は、国土交通省によって、「入居者に責任がない場合は、基本的にガラスの修理費用を負担しなくても良い」とガイドラインに記述されていると伝えてください。ただし、入居時の契約書で特約がある場合があるため、注意が必要です。

以上が、アパートやマンションなど賃貸物件の窓ガラスが割れた際の注意事項です。ガラスが割れた後、ガラスの片付けを行い、安全確保を行ったうえでガラスが割れた原因を考え行動することが大切です。

コラム03窓ガラスの種類と特徴

窓ガラスの種類と特徴

一見、同じように見えるガラスでも特徴や性能によって、様々なタイプのガラスが使い分けられています。より快適に過ごすためには、特徴や性能によって必要な場所に必要なガラスを選ぶことが大切です。 では、実際に、どのような種類がガラスにはあるのかご紹介させて頂きます。

【フロートガラス】
もっともメジャーなガラスはフロートガラスです。安くて丈夫な点が魅力のガラスで透明ガラスと呼ばれることが多くなります。無色透明のガラスで、窓ガラス以外にも棚などの家具や水槽にも使用されています。加工しやすい点が魅力のガラスです。

【型板ガラス・すり板ガラス】
型板ガラスは、表面に凹凸のある不透明なガラスとなります。ガラスの側面に模様が付けられ光を入れることができるうえで、視線を遮ることができるガラスとなり、プライバシー保護におすすめのガラスです。そのため、一般的に浴室やトイレなどに使用されています。 一方、一見同じように見える、すりガラスですが、この場合、表面はなめらかな不透明ガラスとなります。水にぬれると透き通ってしまう点が型板ガラスとの大きな違いとなり、そのため、浴室など水気が多い場所にはおすすめできません。

【網入りガラス】
ガラスの中に金網が入っている点が特長の網入りガラス。ワイヤー入りガラスとも呼ばれています。火災時にガラスの飛び散りを防ぐことを目的としているガラスで消防法によって、網入りガラスの設置が指定されている場所に多く使用されています。防犯性が高いガラスと勘違いされることも多い網入りガラスですが、決して、防犯性能を期待するガラスではなく、火災時に効果を期待することができるガラスとなります。

【強化ガラス】
名前の通り強化ガラスは衝撃や風圧に強いガラスです。一般的な板ガラスと比較し、3~5倍もの強度があり、急激な温度変化にも強い耐熱性もあります。そのうえ、万が一割れてしまった場合でも、ガラスの破片は細かな粒状になり傷つけにくいガラスです。そのため、学校や玄関ドアなどに多く使用されています。

【複層ガラス】
夏でも冬でも快適に暮らすことができると評判なのが複層ガラスです。2枚重ねたガラスの内部に金属部品は入っていて、ガラスとガラスの間には中空層がある高機能ガラスです。その結果、省エネ効果を期待することができ、多くの戸建住宅に使用されています。 省エネ効果をより高めたい場合は、Low-E複層ガラスがおすすめです。一般的な複層ガラスより高い省エネ効果を期待することができるLow-E複層ガラス。ガラスの間に特殊な金属膜(Low-E膜)をコーティングしたガラスとなり、より熱の伝わりを抑えることが可能です。

【合わせガラス】
2枚以上の板ガラスの間に破れにくいフィルムを挟んで作られたのが合わせガラスです。万が一強い衝撃を受けガラスが割れた場合でもガラスの破片が飛散しにくい点が特徴。また、紫外線を99%以上カットすることも可能です。そのため、天窓にもよく使用されています。

まとめ

以上以外にも、割られにくいほど厚く、特殊なフィルムの中間膜をはさんだガラスとなる防犯ガラスや音を通しにくい特殊なフィルムの中間膜をはさんだ防犯ガラス。2枚のガラスの間が真空状態で高い断熱効果のある高機能・高価格の真空ガラスなどがあります。 様々な特徴を持つガラス選びに迷った際は、ガラスに求める効果を考えたうえでガラス選びを行うことをおすすめします。例えば、冬の寒さ対策を行いたい場合は、複層ガラス。夏の暑さ対策を行いたい場合は、Low-E複層ガラスがおすすめです。そのほか、外からの視線が気になる場合は、型板ガラスがおすすめなど、同じ家の中でも用途に応じたガラス選びを行ってみてはいかがでしょうか。

コラム04網入りガラスは
割れないガラスではない

網入りガラスは割れないガラスではない

網入りガラスは割れないガラスと勘違いされている人も少なくありませんが、それは大きな間違いです。網入りガラスは割れないガラスではなく、実は割れやすいガラスと言っても過言ではありません。 では、実際、網入りガラスとは、どのようなガラスなのかご紹介させて頂きたいと思います。

【網入りガラスとは?】
ガラスの中にワイヤーが入っている見た目から防犯用と勘違いされやすい網入りガラスですが、実は網入りガラスは、火災が起きた際にガラスが飛び散らないようにするためにワイヤーがガラスの中に入れられたものとなります。一般的なガラスの中にワイヤーを入れただけのものとなるため、決して強度が強いガラスではありません。ワイヤー自体も専用のカッターなどを使用すれば簡単にカットすることができるため、普通のガラスと防犯効果は変わらないと言えます。ワイヤーがガラスの中にあることで、そのワイヤーが割れたガラスを受け止め飛び散りにくくなるためのガラスとなります。

【網入りガラスは割れにくい?】
ガラスにワイヤーが入っている見た目から網入りガラスは割れにくいと思われている人も少なくありません。しかし、どちらかと言えば、一般的なガラスに比べ割れやすいのが網入りガラスです。理由は、網入りガラスのワイヤーにあります。ワイヤーは水分に弱くサビやすい特徴があります。そのため、劣化が原因で網入りガラスが割れてしまう可能性があります。 また、ワイヤーは熱を持ちやすい特徴があります。太陽の光やストーブなどで温められるとワイヤーは膨張してしまいます。目に見えるほどの大きな膨張ではありませんが、逆にサッシ部分が冷たい状態にある場合、ワイヤーの膨張にガラスが耐え切れず網入りガラスが割れてしまうのです。 そのため、網入りガラスは割れにくいというのは、全くのウソとなります。反対に割れやすいガラスだと考えるべきです。 網入りガラスを割れにくくするためには、網入りガラスの近くにストーブなど熱を出すものを置かないこと。日差しが差し込む場合は、遮光カーテンなどをうまく利用し日差しをカットするなどといった対策が必要です。

【網入りを普通のガラスに交換することは可能?】
網入りガラスが割れないガラスではなく、それより割れやすいガラスだとわかったら、網入りガラスではなく普通のガラスの方が良いのでは?と思われる人もいると思います。そのため、網入りガラスを普通のガラスに交換したいと考える人も少なくありません。 しかし、残念ながら、網入りガラスは基本的に法律で網入りガラスの使用が義務付けられている場所に使用されています。そのため、勝手に網入りガラスを一般的なガラスに交換することはできません。どうしても、網入りガラスを交換したい場合は、ワイヤーなしの防火ガラスになら交換は可能です。このガラスの場合、ワイヤーガラスに比べ熱割れしにくい特徴があります。ただし、網入りガラスに比べ少し価格は高くなってしまいます。

【網入りガラスが割れてしまった場合】
網入りガラスが割れてしまった場合、ガラス修理の業者に依頼すれば基本的に当日修理は可能です。そのため、ヒビが入った場合や割れてしまった場合は、すぐにガラス修理の依頼を行うことをおすすめします。クロス形、ヒシ形、縦線といった様々な種類がある網入りガラス。どの種類でも基本的に当日修理が可能です。

まとめ

以上が網入りガラスの特徴となります。網入りガラスは決して防犯用ガラスではなく、あくまでも、防火用であるということを忘れず、その上で、熱や経年劣化に弱く割れやすいガラスであるということを忘れず使用して頂けたらと思います。

コラム05ガラス修理や交換が0円!
火災保険が使える場合

ガラス修理や交換が0円!火災保険が使える場合

日本の家庭のほとんどの方が加入している火災保険。火災保険という名前から火災時のみの利用しかできないと思われがちですが、実際にはそうではありません。火災保険は、様々な状況で利用することができ、ガラスが割れた際の修理にも利用可能な場合もあります。火災保険には建物すべての被害をカバーしているものがあり、窓ガラスも建物の一部として補償対象になっているのです。 では、実際にどのような場合に火災保険が適応されるのかご紹介させて頂きます。

火災保険の適応が可能だと考えられるケース

【風災補償】
風災とは、台風などの強風でガラスが割れた場合や強風で庭にあるものや外にあるものが飛び、窓ガラスに当たって割れた場合などを指します。意外と台風などの強風でガラスが割れてしまうことも多く、そのような場合は、火災保険が利用できる可能性が高くなります。

【雹災補償】
異常気象が頻繁に起こるようになった日本。そのため、急に雹(ひょう)や霰(あられ)が降ってくるということも多くなってきました。そんな、雹や霰によってガラスが割れる被害も多く、そのような場合も火災保険でガラス修理が可能になる場合があります。

【突発的な事故】
実は突発的な事故でも火災保険でガラス修理が可能な場合もあります。例えば、子供がボールを窓ガラスにぶつけ割ってしまった場合やDIYをしている際に家具などを窓ガラスにぶつけて窓ガラスが割れたなど事前に予測し防ぐことができない場合、火災保険でガラス修理が可能になる場合があります。 ただし、この場合、火災保険の契約内容によって適応されない場合もあるため、必ず契約内容の確認が必要です。

【物体の落下・飛来・衝突】
ボールや石などが家に投げ込まれ窓ガラスが割れた場合や車の飛び石などで窓ガラスが割れた場合。鳥が窓ガラスにぶつかり、窓ガラスが割れた場合なども火災保険でガラス修理が可能になる場合があります。

【泥棒被害】
泥棒の被害に遭い窓ガラスが割られた場合、火災保険の盗難補償で窓ガラスの修理を行うことが可能です。盗難補償と聞くと、盗まれた物に対する補償のように思えますが、実際は泥棒に窓ガラスを割られた場合や玄関などの鍵を壊された場合も対象となります。

火災保険を利用する際は免責金額の確認を!

免責金額とは、火災保険などを使用する際に自己負担する金額です。この免責金額の設定次第では保険金の支払いが対象外になってしまう可能性があります。一般的に免責金額は、0円、1万円、3万円、5万円などから選び契約者自身で設定しています。 例えば、免責金額を5万円で設定していた場合、損害額が3万円なら、自己負担3万円となり保険金を受け取ることはできません。 損害額が10万円の場合で保険金額が5万円、自己負担額が5万円となり、損害額が15万円になれば、保険金額が10万円で自己負担額が5万円になります。 このことから、修理費用が免責金額より低い場合は、保険の対象になることはありません。また、修理費用が高額になった場合でも、最低、免責金額は自己負担となります。

まとめ

万が一、ガラスを割ってしまった場合、割れてしまった場合は、一度、火災保険を確認してみてください。多くの場合、火災保険を利用しガラス修理が可能になります。とは言っても、実際、どのような契約内容の火災保険に入っているかわからない。契約書を読んでもわからないという人も多いと思います。そのような場合は、ガラス修理の専門業者に相談することをおすすめします。多くのガラス修理の経験があるからこそ、火災保険を利用したガラス修理が可能であるか、また、手続きなどのサポートを受けることができ安心です。

コラム06光熱費削減!
Low-E(ローイー)
ガラスとは?

光熱費削減!Low-E(ローイー)ガラスとは?

ペアガラスの効果を最大限に生かすことができるのが、Low-E(ローイー)ガラスです。Low-E(ローイー)ガラスとは、特殊金属膜(酸化亜鉛と銀)をコーティングしたガラスのことを指し、最近の新築住宅では多くの住宅で、このLow-E(ローイー)ガラスが使用されています。その普及率は73.8%にもなり、かなり身近なガラスになっています。 Low-E(ロー・イー)とは「Low Emissivity(ロー・エミシビティー)」の略で、Low-E(ローイー)ガラスの目的は遮熱と断熱です。残念ながら防犯効果はありません。遮熱と断熱効果が高いガラスということからエコガラスとも呼ばれています。 では、このLow-E(ローイー)ガラスには、どのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介させて頂きます。

Low-E(ローイー)ガラスのメリット

【節電・省エネ効果】
Low-E(ローイー)ガラスのメリットは、節電・省エネ効果が高いという点です。遮熱と断熱効果が高いLow-E(ローイー)ガラス。そのため、冷暖房費を大幅に削減することが可能です。 例えば、東京都の窓面積31㎡の戸建住宅で考えた場合、年間5万円ほどの削減ができると言われています。これは、非常に大きな数字ではないでしょうか。

【紫外線カット効果】
Low-E(ローイー)ガラスは紫外線カットの効果も高くなります。そのため、カーテンの日焼けを軽減させることも可能です。紫外線カット効果が高いということは、室内のフローリングや家具などの日焼けも軽減させることが可能です。

【結露対策効果】
Low-E(ローイー)ガラスは複合ガラスの一種です。そのため、室内の外と中との気温差が起きにくく、結露対策も可能となります。

Low-E(ローイー)ガラスのデメリット

【価格が割高】
普通のガラスに比べ割高になるLow-E(ローイー)ガラス。一般的なガラス1枚の価格が約4,500円となり、ペアガラスの価格は、その2倍の9,000円になると言われています。そのペアガラスの約2倍近い価格になるLow-E(ローイー)ガラス。そのため、1枚の価格が15,000~20,000円となり、これは、一般的なガラスの値段の約4倍と高額になってしまいます。 ただし、省エネ効果による節電効果を考慮した場合、一概に高額だとは言い切ることはできず、決して、価格が割高な点がすべてデメリットになることはありません。

【防犯・防音効果はなし】
Low-E(ローイー)ガラスは、遮熱と断熱効果が高いガラスではあるものの、防犯・防音効果はありません。もちろん、防犯・防音効果のあるLow-E(ローイー)ガラスもあります。そのため、防犯・防音効果を得たい場合は、防犯・防音効果のあるLow-E(ローイー)ガラスを選ぶ必要があります。

Low-Eガラスに交換する際の注意点

Low-Eガラスの効果が気に入り家の窓ガラスをLow-Eガラスに交換したいと思う場合は、少し注意が必要です。それは、Low-Eガラスの場合、見え方が異なるという点です。メーカーによって異なるものの、Low-Eガラスの場合、ブルーやブロンズ、シルバーなど色が付いています。 AGC(旭硝子)の場合、遮熱タイプに「アクアグリーン」があり、断熱タイプに「ピュアグリーン」と「シルバー」があります。 YKK APの場合は、遮熱タイプの「ブルー」と断熱タイプの「ブロンズ」「ブルー」「ニュートラル」と計4色あります。 LIXIL(リクシル)の場合も、遮熱タイプに「グリーン」があり、断熱タイプに「グリーン」「クリア」「ブロンズ(北海道・東北地区限定)」と4色あります。 そのため、Low-Eガラスに交換してから違和感が出ないように事前に色の確認を行っておくと安心です。

以上がLow-Eガラスのメリット・デメリット。そして、交換する際の注意事項となります。窓が割れたことをきっかけに、また、遮熱と断熱効果を高めたいという理由からLow-Eガラスを検討される際は、是非、どのようなメリット・デメリットがあるのかなど十分に把握したうえで検討されることをおすすめします。

PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー