日本板硝子の複層ガラスについて

『窓ガラスから始まる人と地球にやさしい暮らし』
住まいの快適さを大きく左右する要因の一つが熱です。日本板硝子の複層ガラスにすれば、熱が最も移動しやすい「窓」の断熱性能を高め、冷暖房の効果を上げることができます。
また、結露防止やUVカットなど様々な高機能があります。ガラスの専門知識を持ったスタッフが、お客様のニーズあわせて最適なガラスをお選び致します。

複層ガラス

複層ガラスは、スペーサーと呼ばれる金属部材で、ガラスとガラスの間に中空層を持たせたガラスです。スペーサーを用いて保たれた空間には、乾燥した空気を封入してあります。複層ガラスは、熱が最も移動しやすい「窓」の断熱性能を高めます。遮熱や紫外線カット、防犯、防火などの機能を備えた高性能複層ガラスを使うことで、お客様のニーズあわせて心地よい空間を実現します。お住まいの地域、気候、窓の場所、家のデザインなど様々な観点からお選びいただけます。日本板硝子の複層ガラスは性能により多種商品があるため、代表的なものをご紹介します。

ペアマルチ【一般複層ガラス】

『ペアマルチ』は2枚のガラスの間にある空気の層を密封した複層ガラスです。窓に差し込む太陽の光と熱を室内に採り入れ、室内の熱は外に逃がしにくいため、冬は暖かく快適なお部屋を作ります。この高い断熱性能によって暖房効率を上げ、省エネルギーに貢献します。

特徴

1.高断熱性→暖房の熱を外に逃がさず、暖房負荷の軽減に効果的です。これは、板ガラス(フロートガラス)の約2倍に相当します。

2.冷気をシャットアウト→寒い冬は、エアコンで部屋全体を暖めるので、冷輻射(暖房をしても体の表面から窓ガラス付近の冷気に熱を奪われ寒く感じること)や、コールドドラフト現象(足元が冷え冷えすること)をやわらげ、快適な環境をつくります。

3.結露軽減→室内側のガラスの表面温度が下がりにくいので、冬の不快な結露の発生を抑制し、カーテンが汚れず、お掃除の手間も減ります。また、シックハウスの原因のひとつであるカビの発生も防ぎます。

4.省エネ→板ガラス(フロートガラス)と比べて高い省エネ性能を発揮します。例えば、板ガラスと比較して冷暖房負担額(東京地区)が年間約14000円も節約できます。

おすすめの使用場所

・暖かさを重視する部屋

ペアマルチEA寒冷地タイプ【低放射複層ガラス】

『ペアマルチEA寒冷地タイプ』は室内側ガラスにコーティングした高断熱Low-E膜によって、冬の寒い日でも日差しを採り入れて、室内の暖房熱を外に逃がさないため、冬の寒さが厳しい地域に最適です。
また、省エネ性能にも優れており、ガラスが透明で自然な色合いのため、明るい空間づくりに最適です。

特徴

1.高断熱性→暖房の熱を外に逃がさないので断熱性能が高く、暖房負荷の軽減に効果的です。これは、板ガラス(フロートガラス)の約3.1倍、一般的な複層ガラス『ペアマルチ』の約1.5倍に相当します。

2.冷気をシャットアウト→寒い冬は、エアコンで部屋全体を暖めるので、冷輻射(暖房をしても体の表面から窓ガラス付近の冷気に熱を奪われ寒く感じること)や、コールドドラフト現象(足元が冷え冷えすること)をやわらげ、快適な環境をつくります。

3.結露軽減→冬の不快な結露の発生を抑制し、カーテンが汚れず、お掃除の手間も減ります。また、シックハウスの原因のひとつであるカビの発生も防ぎます。
一般的な複層ガラス『ペアマルチ』よりも高い結露軽減効果があります。たとえば、室内温度20℃、湿度60%の場合、『ペアマルチ』は外気温-4℃で結露し始めますが、『ペアマルチEA寒冷地タイプ』は-17℃まで結露が発生しません。

4.省エネ→板ガラス(フロートガラス)や一般的な複層ガラス『ペアマルチ』と比べて高い省エネ性能を発揮します。

おすすめの使用場所

・冬の寒さが厳しい地域
・暖かさを重視する部屋

ペアマルチクロス【格子入複層ガラス】

『ペアマルチ』の優れた性能にプラスして、2枚のガラスの間に格子を組み込んだデザイン性の高い複層ガラスです。

特徴

1.高断熱性→暖房の熱を外に逃がさず、暖房負荷の軽減に効果的です。これは、板ガラス(フロートガラス)の約2倍に相当します。

2.冷気をシャットアウト→寒い冬は、エアコンで部屋全体を暖めるので、冷輻射(暖房をしても体の表面から窓ガラス付近の冷気に熱を奪われ寒く感じること)や、コールドドラフト現象(足元が冷え冷えすること)をやわらげ、快適な環境をつくります。

3.結露軽減→室内側のガラスの表面温度が下がりにくいので、冬の不快な結露の発生を抑制し、カーテンが汚れず、お掃除の手間も減ります。また、シックハウスの原因のひとつであるカビの発生も防ぎます。

4.省エネ→板ガラス(フロートガラス)と比べて高い省エネ性能を発揮します。例えば、板ガラスと比較して冷暖房負担額(東京地区)が年間約14000円も節約できます。

5.デザイン性→格子の数・間隔・長さなど、お好みに合わせて自由にオーダーすることができます。個性的な窓を演出することができます。

6.カラーバリエーション→ブロンズ、ホワイト、アイボリー、ブラック、グレー、オータムブラウンの6カラーがあります。窓枠や住まいの外観などにマッチさせた色合いを自由にお選びいただけます。

7.省メンテナンス→2枚のガラスの間にある中空層に格子が封入されているため、普通ならとても面倒なお掃除の手間も心配ありません。

おすすめの使用場所

・個性的に演出したい窓
・暖かさを重視する部屋

セキュオペア【防犯複層ガラス】

『セキュオペア』は防犯ガラスを使用しているため、ガラスを破るのに時間がかかり、侵入をあきらめさせる効果があります。防犯対策におすすめなのはもちろん、断熱・遮熱効果があり、冷暖房効率を上げ、結露軽減にも効果があります。

特徴

1.盗難防止→侵入に5分以上かかる防犯ガラス(CP製品)です。「こじ破り」や「打ち破り」に高い抵抗力を発揮します。
「こじ破り」とは、ドライバーなどで音を出さないようにガラスを破壊し、まわりに気づかれないよう密かに侵入しようとすることです。
「打ち破り」とは、破壊音をあまり気にせずにガラスを破壊し、住人や警備員などが駆けつける前に、数分で目的を達成しようとすることです。
セキュオペアは構成するセキュオのタイプによって

2.安全性→万一破損しても、ガラスが中間膜に接着しているために、破片の飛散や落下がほとんどありません。

3.断熱性→暖房の熱を逃がさず、お部屋の温度差の少ない快適な環境をつくります。断熱性能は板ガラスの約2倍あります。
『セキュオペア高断熱タイプ(エコガラス)』、『セキュオペア遮熱高断熱タイプ(エコガラス)』ではより高い断熱性能を発揮するため暖房をつける際、部屋の暖まりが早く、その暖かさを保つ効果があります。

4.結露軽減→冷たい外気の影響を受けにくく、不快な結露を軽減します。例えば、室温20℃・湿度60%の場合、板ガラス(3mm)の窓では外気温度が8℃でガラスに結露が発生し始めるのに対し、『セキュオペア』は-1℃になるまで結露の発生を抑制できます。

5.快適な室内環境→暖房をしていて部屋の温度は高いのに、窓ガラスの近くが肌寒くなるような不快ゾーンを少なくし、部屋全体を快適な温度に保ちます。

6.UVカット→紫外線が窓から入ることによって、窓際の家具などが色褪せ、変色することがあります。『セキュオペア』はガラス面かに侵入してくる紫外線を99%以上をカットします。家具やカーテンの色あせを防ぎます。

7.遮熱性→夏の窓から入ってくる強い日差し、日射熱を抑えます。その性能は1枚板ガラス(フローとガラス)の約5倍もあります。そのため夏にエアコンを使用する際の冷房効果が向上し、室内を常に涼しく保つことができます。(『セキュオペア遮断高断熱タイプ』のみ)

おすすめの使用場所

・防犯対策が必要な窓…『セキュオペア』
・1階の西向きの窓…『セキュオペア遮熱高断熱タイプ(エコガラス)』
・1階の南向きの窓…『セキュオペア高断熱タイプ(エコガラス)』

スペーシア21【複層真空ガラス】

『スペーシア21』は、非常に高い断熱性能を持つ真空ガラスの「スペーシア」と特殊金属膜をコーティングしたLow-Eガラスで構成したハイブリッドな複層ガラスです。ガラスの間にある中空層には、空気に比べて約30%も熱伝導率が低いアルゴンガスを封入し、断熱材に匹敵する超高断熱性能を実現しました。『スペーシア21』なら、北面にも明るく大きな開口部が設計でき、夏期の通気性、冬期の断熱性をともに満足できる空間が実現できます。 『スペーシア21』には、「断熱クリア」「遮熱クリア」「遮熱グリーン」の3タイプがございます。

特徴

1.断熱材に匹敵する画期的な超高断熱性能→『スペーシア21』はわずか21.2mmの厚さで、50mm厚のガラス『グラスウール』にも匹敵する国内最高水準の超高断熱性能を実現しました。そのため、室内が早く暖まり、暖かさが長持ちします。

2.冷気をシャットアウト→寒い冬は、エアコンで部屋全体を暖めるので、冷輻射(暖房をしても体の表面から窓ガラス付近の冷気に熱を奪われ寒く感じること)や、コールドドラフト現象(足元が冷え冷えすること)をやわらげ、快適な環境をつくります。

3.結露軽減→室内側のガラスの表面温度が下がりにくいので、冬の不快な結露の発生を抑制し、カーテンが汚れず、お掃除の手間も減ります。また、シックハウスの原因のひとつであるカビの発生も防ぎます。

4.省エネ→高い断熱性能のため暖房が早く良く効き、暖房費を節約できます。年間の冷暖房費は、高断熱複層ガラス『ペアマルチスーパー』と比べて、約20%も軽減できます。

5.大きな開口部で明るい住まいを実現→『スペーシア21』の厚さは18.2ミリと21.2ミリで、複層ガラス用サッシへの取り付けが可能です。しかも最大寸法は2400×1350mmあるため、開口部の多い明るい窓を演出できます。

おすすめの使用場所

・冬の寒さが厳しい地域
・北面の窓
・暖かさを重視する部屋

複層ガラスにはCO2削減、省エネなど、地球環境に優しい性能をプラスしたエコガラスもあります。

●エコガラス
『エコガラス』とは、節電・省エネ、遮熱・UVカット効果、断熱効果、結露防止効果のある「Low-E複層ガラス」のことです。
「Low-E複層ガラス」とは、複層ガラスの間に特殊な金属膜をコーティングしたガラスです。板硝子協会の会員である旭硝子(株)、日本板硝子(株)、セントラル硝子(株)の3社が製造している「Low-E複層ガラス」を『エコガラス』といいます。日本板硝子の代表的なエコガラスをご紹介します。

ペアマルチレイボーグ(エコガラス)【遮熱低放射複層ガラス】

『ペアマルチレイボーグ』は夏を涼しく、冬を暖かく過ごすための遮熱低放射複層ガラス。
「Low-Eガラス」という特殊金属膜をコーティングした室外側のガラスのおかげで、夏の暑い日差しや西日を大きく反射し、部屋に入るのをカットします。
ガラス自体が吸収したほとんどの熱を室外へ放出するので、夏の冷房効果を高め、部屋を涼しく保ちます。
冬は高い断熱性能を発揮するため、暖房の暖かい空気を外に逃がさず、暖房効率を高め快適な室内を実現します。

特徴

1.遮熱性→窓から入ってくる日射熱量を約60%カットします。これは、板ガラス(フロートガラス)の約6倍、ペアマルチの約3倍に相当します。

夏の高い冷房効果と省エネに期待できます。

2.UVカット→紫外線の約85%をカットし、紫外線による家具・カーテン・壁の色褪、日焼けをおさえます。

3.高断熱性→一般的な複層ガラス以上の高断熱性能があるため、室内の熱が逃げにくく、室外の冷気も室内に伝えにくいため、同じ暖房温度でも暖房効果に差ができ、お部屋の暖かさが格段に違います。

4.快適な室内環境→暑い夏は日射熱の侵入をおさえるて、冷房効率を上げ、お部屋を涼しく保ちます。
寒い冬は、冷輻射(暖房をしても体の表面から窓ガラス付近の冷気に熱を奪われ寒く感じること)や、コールドドラフト現象(足元が冷え冷えすること)
をやわらげ、快適な環境をつくります。

5.結露軽減→室内と室外に大きな温度差があると結露が発生しますが、 一般的な複層ガラスと比べて高い結露防止効果があります。 例えば、室内温度20℃、湿度60%の場合、外気温-22℃まで結露が発生しません。

おすすめの使用場所

・冷房効果を重視する地域
・日差しが厳しく暑くなりすぎる窓
・西日の射し込む部屋

ペアマルチスーパー(エコガラス)【低放射複層ガラス】

『ペアマルチスーパー』は、暖かい太陽の日射しをお部屋に十分取り入れ、室内の熱を外に逃さず、冬を暖かく快適に過ごせる断熱性能を追求したガラスです。夜でも暖房で暖まった部屋の空気を外に逃がさず、室内が暖かいので、高い暖房効率が期待できます。

特徴

1 高断熱性→暖房の熱を外に逃がさないので断熱性能が高く、暖房負荷の軽減に効果的です。これは、板ガラス(フロートガラス)の約3.3倍、一般的な複層ガラス『ペアマルチ』の約1.6倍に相当します。

2.冷気をシャットアウト→寒い冬は、エアコンで部屋全体を暖めるので、冷輻射(暖房をしても体の表面から窓ガラス付近の冷気に熱を奪われ寒く感じること)や、コールドドラフト現象(足元が冷え冷えすること)をやわらげ、快適な環境をつくります。

3.結露軽減→冬の深いな結露の発生を抑制し、カーテンが汚れず、お掃除の手間も減ります。また、シックハウスの原因のひとつであるカビの発生も防ぎます。
一般的な複層ガラス『ペアマルチ』よりも高い結露軽減効果があります。たとえば、室内温度20℃、湿度60%の場合、『ペアマルチ』は外気温-4℃で結露し始めますが、『ペアマルチスーパー』は-25℃まで結露が発生しません。

4.UVカット→紫外線の約85%をカットし、紫外線による家具・カーテン・壁の色褪、日焼けをおさえます。

5.省エネ→板ガラス(フロートガラス)や一般的な複層ガラス『ペアマルチ』と比べて高い省エネ性能を発揮します。たとえば『ペアマルチ』と比較して、冷暖房負担額(東京地区)が年間約8600円も節約できます。

おすすめの使用場所

・冬の寒さが厳しい地域
・暖かさを重視する部屋

ペアマルチSE(エコガラス)【遮熱低放射複層ガラス】

『ペアマルチSE』は室外側ガラスにコーティングした遮熱高断熱Low-E膜によって、冬の寒い日でもお部屋の暖房熱を外に逃がさず、高い遮熱性能で日射熱をカットします。夏は冷房効果を高めて、冬は暖房効果を高めるため、年間を通して快適に過ごせ、省エネに貢献します。

特徴

1.遮熱性→夏の強い日射熱を約53%カットし、冷房の負荷を軽減します。その性能は板ガラス(フロートガラス)の約4.4倍、一般的な複層ガラス『ペアマルチ』の約2.5倍もあります。

2.高断熱性→暖房の熱を外に逃がさないので断熱性能が高く、暖房負荷の軽減に効果的です。これは、板ガラス(フロートガラス)の約3.1倍、一般的な複層ガラス『ペアマルチ』の約1.5倍に相当します。

3.冷気をシャットアウト→寒い冬は、エアコンで部屋全体を暖めるので、冷輻射(暖房をしても体の表面から窓ガラス付近の冷気に熱を奪われ寒く感じること)や、コールドドラフト現象(足元が冷え冷えすること)をやわらげ、快適な環境をつくります。

4.結露軽減→冬の不快な結露の発生を抑制し、カーテンが汚れず、お掃除の手間も減ります。また、シックハウスの原因のひとつであるカビの発生も防ぎます。
一般的な複層ガラス『ペアマルチ』よりも高い結露軽減効果があります。たとえば、室内温度20℃、湿度60%の場合、『ペアマルチ』は外気温-4℃で結露し始めますが、『ペアマルチSE』は-17℃まで結露が発生しません。

5.省エネ→板ガラス(フロートガラス)や一般的な複層ガラス『ペアマルチ』と比べて高い省エネ性能を発揮します。

おすすめの使用場所

・日差しが厳しく暑くなりやすい窓
・暖房を良く使う部屋の窓

ペアマルチEA(エコガラス)【低放射複層ガラス】

『ペアマルチEA』は室外側ガラスにコーティングした遮熱高断熱Low-E膜によって、高い断熱性能があるので冬の寒い日でもお部屋の暖房熱を外に逃がしません。また、夏の日射熱のカットし冷房の負担を軽減します。
冬の暖房効果、夏の冷房効果を高めるので、1年中快適に過ごせます。『ペアマルチEA』は省エネ性能も抜群で、ガラスが透明で自然な色合いのため、明るい空間づくりに最適です。

特徴

1.高断熱性→暖房の熱を外に逃がさないので断熱性能が高く、暖房負荷の軽減に効果的です。これは、板ガラス(フロートガラス)の約3.1倍、一般的な複層ガラス『ペアマルチ』の約1.5倍に相当します。

2.冷気をシャットアウト→寒い冬は、エアコンで部屋全体を暖めるので、冷輻射(暖房をしても体の表面から窓ガラス付近の冷気に熱を奪われ寒く感じること)や、コールドドラフト現象(足元が冷え冷えすること)をやわらげ、快適な環境をつくります。

3.結露軽減→冬の不快な結露の発生を抑制し、カーテンが汚れず、お掃除の手間も減ります。また、シックハウスの原因のひとつであるカビの発生も防ぎます。
一般的な複層ガラス『ペアマルチ』よりも高い結露軽減効果があります。たとえば、室内温度20℃、湿度60%の場合、『ペアマルチ』は外気温-4℃で結露し始めますが、『ペアマルチEA』は-17℃まで結露が発生しません。

4.遮熱性→夏の強い日射熱を室外へ適度に反射させるので、冷房の負荷を軽減します。

5.省エネ→板ガラス(フロートガラス)や一般的な複層ガラス『ペアマルチ』と比べて高い省エネ性能を発揮します。例えば、板ガラスと比較して冷暖房負担額(東京地区)が年間約20000円も節約できます。

おすすめの使用場所

・暖房を良く使う部屋の窓
・日差しが厳しく暑くなりやすい窓

ペアマルチEAグリーン(エコガラス)【遮熱低放射複層ガラス】

『ペアマルチEAグリーン』は室外側ガラスにコーティングした遮熱高断熱Low-E膜によって、高い遮熱・断熱性能があるので、夏は日差しを遮り涼しく、冬は暖房熱を逃しません。省エネ性能も抜群で、1年中快適に過ごせます。ガラスの色調はグリーンで清潔感があります。

特徴

1.遮熱性→夏の強い日射熱を約55%カットし、冷房の負荷を軽減します。その性能は板ガラス(フロートガラス)の約4.3倍、一般的な複層ガラス『ペアマルチ』の約2.4倍もあります。

2.高断熱性→暖房の熱を外に逃がさないので断熱性能が高く、暖房負荷の軽減に効果的です。これは、板ガラス(フロートガラス)の約3.1倍、一般的な複層ガラス『ペアマルチ』の約1.5倍に相当します。

3.冷気をシャットアウト→寒い冬は、エアコンで部屋全体を暖めるので、冷輻射(暖房をしても体の表面から窓ガラス付近の冷気に熱を奪われ寒く感じること)や、コールドドラフト現象(足元が冷え冷えすること)をやわらげ、快適な環境をつくります。

4.結露軽減→冬の不快な結露の発生を抑制し、カーテンが汚れず、お掃除の手間も減ります。また、シックハウスの原因のひとつであるカビの発生も防ぎます。
一般的な複層ガラス『ペアマルチ』よりも高い結露軽減効果があります。たとえば、室内温度20℃、湿度60%の場合、『ペアマルチ』は外気温-4℃で結露し始めますが、『ペアマルチEAグリーン』は-17℃まで結露が発生しません。

5.省エネ→板ガラス(フロートガラス)や一般的な複層ガラス『ペアマルチ』と比べて高い省エネ性能を発揮します。

6.UVカット→紫外線の約82%をカットし、紫外線による家具・カーテン・壁の色褪、日焼けをおさえます。

おすすめの使用場所

・日差しが厳しく暑くなりやすい窓
・暖房を良く使う部屋の窓

スクールペアエコ (エコガラス)【学校用低放射複層ガラス】

『スクールペアエコ』は、安全・安心で快適な環境をつくる学校用の低放射強化複層ガラスです。暖かい冬の日差しを採り入れながら、室内の暖かい熱は外に逃がさないので、子どもたちが快適に過ごせる空間を実現します。また、空調にかかるランニングコストを大幅に低減できます。 さらに、強化ガラス仕様で割れにくく、万一割れたときにも破片は細かい粒状で安全です。

特徴

1.高断熱性→暖房の熱を外に逃がさず、暖房負荷の軽減に効果的です。これは、板ガラス(フロートガラス)の約2倍に相当します。

2.快適な室内環境→暑い夏は冷暖房の効率を高め、寒い冬は、エアコンで部屋全体を暖めるので、冷輻射(暖房をしても体の表面から窓ガラス付近の冷気に熱を奪われ寒く感じること)や、コールドドラフト現象(足元が冷え冷えすること)をやわらげ、快適な環境をつくります。

3.結露軽減→室内側のガラスの表面温度が下がりにくいので、冬の不快な結露の発生を抑制し、カーテンが汚れず、お掃除の手間も減ります。また、シックハウスの原因のひとつであるカビの発生も防ぎます。

4.安全性→強化ガラス仕様のため、ボールによるガラスの破損事故が減少し、防球ネットで美観をそこなわず、クリアーな視界を演出します。
また、合わせガラスで構成したタイプはガラスが割れても破片が飛び散りにくく、貫通しにくいので高い防災機能を発揮します。

5 施工性→単板ガラス用アルミサッシに取り付けられる専用アタッチメントがあるため、既存のサッシを利用でき、単板ガラスの要領で簡単に取り付けできます。
(アタッチメントは大臣認定防火設備には使用できません。)

おすすめの使用場所

・学校施設

省エネ効果の比較

ガラスの種類 商品名 単板ガラスと比較した冷暖房費用 年間(東京地区)
複層ガラス ペアマルチ 約14000円節約
ペアマルチEA寒冷地タイプ 約20000円節約
ペアマルチクロス 約14000円節約
セキュオペア 約17000円節約
スペーシア21 約20000円節約
エコガラス ペアマルチレイボーグ 約25000円節約
ペアマルチスーパー 約22000円節約
ペアマルチSE 約20000円節約
ペアマルチEA 約20000円節約

複層ガラス・エコガラスは種類が多いので迷ってしまいますよね。弊社ではガラスの専門知識を持ったスタッフが、お客様のご要望を伺い、最適なガラスをご提案いたしますのでご安心ください。ご相談はお気軽にフリーダイヤルまでお電話ください。

ガラス修理の対応エリア ガラストラブル解決までのカンタン4ステップ ご依頼の流れ
窓ガラスのお悩み豆知識お役立ちコラム一覧を見る
窓のサッシ掃除のやり方と頻度を解説!汚れの種類別にご紹介
ガラスの代わりにポリカーボネートやアクリル板は使える?窓ガラスの代わりになる素材は?
水族館の水槽ガラスの素材とは?アクリルガラスと他ガラスの違いも解説
日本板硝子の複層ガラスについて
セントラル硝子の防犯ガラスについて
日本板硝子の防犯ガラスについて
窓枠の黒カビの掃除方法や注意点とは?予防法も徹底解説
台風の窓ガラス対策で直撃前にやっておくべき5つのこと
エコガラスの特徴やメリット・デメリットを詳しく解説
窓ガラス割れのよくある原因「熱割れ」を防ぐための事前対策
窓ガラスを割られた!すぐ行うべき警察手続きや後処理方法を解説
グレチャンの役割とは?取り替えのタイミングや方法、費用などの基礎知識を解説
ペアスマートガラスの遮熱・断熱効果を解説!
「窓を楽しむ」YKK APの商品!オススメは?
窓リフォームのあれこれを知ろう!どんなことができる?
暮らしを快適にする断熱窓!性能とポイント
上手に換気して感染症対策!どうするのが効果的?
光熱費削減!Low-E(ローイー)ガラスとは?
網入りガラスは割れないガラスではない!多く使われている理由は?
窓ガラスにはどんな種類があるの?特徴やメリットは?
  • 金庫鍵開けセンター
  • ハチ駆除119番
  • G駆除24
ガラス修理の対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー